【スニーカーに潜む罠】プロのこだわりは「かかと」にあり!今日すべて教えます♪

 

今日は秋晴れ♪

天気も良いから、スニーカーでお出かけしよっと

 

あっ!そうだ!

 

せっかくだから、新しいスニーカーでも買っちゃおうかな♪

 

最近はオシャレなスニーカーが多いし、選ぶのがホント楽しい!

 

 

でも、スニーカーって、そもそも足にいいのかな?

ハイヒールよりは、ずっとマシだとは思うけど・・・

 

 

ねえ!足の専門家って、どんなスニーカー履いてるの?

 

 

 

たった1つ!スニーカー選びのポイント

 

 

はいはーい、足の専門家です♪

 

足の治療をしているプロが、良いスニーカーを選ぶためにチェックするポイント

それは・・・

 

 

かかと(踵)が、柔らかすぎないこと!

 

 

たったコレだけです

 

 

 

▼実際はコレをチェックしています

 

  • かかとのクッションが効きすぎていないか?
  • 立っている状態で、かかとが沈み込まないか?
  • 歩いたとき、かかとが硬すぎないか?

 

 

とにかく、かかと に注目して、スニーカー 選びをしています

 

 

スニーカー って履きやすくて歩きやすいから、お出掛けには便利です

 

たくさん歩くって分かってるときは、スニーカー で出掛けますもんね♪

 

 

だからこそ、スニーカー 選びは、慎重になるといいですよ!

 

 

スニーカーに潜む危険・・・

 

 

スニーカーといっても、色々なタイプがあるから選ぶのは結構大変・・・

 

そんなときは、まず「かかと(踵)」をチェックしましょう♪

 

 

スポーツメーカーから発売されているスニーカーは、かかとのクッションがよく効いています

 

シューズメーカーから発売されているスニーカーは、比較的かかとの硬いものが多いです

 

 

どちらも、度が過ぎると・・・

足への負担が増えるので、要注意なんです

 

 

まずは、実際に履いてみましょう!

 

 

 

①スニーカーを履いて立ってみましょう

普通に立った状態で、すでに、かかとが沈むようなら、柔らかすぎます

こういったタイプのスニーカーは、腰痛になりやすいので危険です

 

 

②それでは、立ったまま「かかと」に体重をかけてみましょう

かかとがグニャグニャするなら、これも柔らかすぎです

靴擦れを起こしたり、足をひねりやすいので危険です

 

 

③実際に、歩いてみましょう

かかとを地面に着くとき、クッションを感じられる、それくらいがちょうどいいです

 

 

 

▼選ぶときには注意!

 

  • かかとが柔らかすぎる → 腰痛になりやすい
  • かかとが硬すぎる → 膝痛になりやすい

スニーカーでの正しい歩き方

 

 

人によって歩き方にクセがあるから、これが絶対正しい!って歩き方はないんですが・・・

 

ここでは、代表的な2つのパターンを紹介しますね

 

 

▼内股ですり足になる人

 

  • 「かかと」から地面に着くことを意識しましょう
  • 少しだけ「大股」で歩きましょう
  • お尻の穴をギュッと締めましょう

 

 

▼ガニ股でかかとを擦る人

  • 足の裏全体で、地面に着くよう意識しましょう
  • 少しだけ「小股」で歩きましょう
  • お腹をギュッと締めましょう

 

 

ちょっとしたことですが、こうやって意識しておくと・・・

 

歩き方もキレイになりますし、スニーカーも長持ちしますよ♪

 

 

健康は足元からです

 

 

今回は「スニーカーを履くときに気をつけたいこと

 

これを中心に、お伝えしてきました

 

 

でも、人それぞれ

 

 

・体の大きさ

・体の柔らかさ

・筋力の強さ

・歩き方のクセ

 

 

など、少しずつ違っています

 

 

自分にはどんなスニーカーが合って、どんなスニーカーが合わないのか?

 

スニーカー選びも、そんなに簡単ではないかもしれませんね

 

 

かかと柔らかすぎたり、逆に硬すぎたりすると、足指への負担が増えてしまいます

 

さらに、巻き爪外反母趾 といったトラブルを引き起こす原因にもなります

 

 

専門家はクロックスを履きません!

 

 

 

万が一、足指が変形していたり、爪が痛んでいたりしたら・・・

 

どうぞ、お気軽にご相談ください